FC2ブログ
2019
07.29

薔薇巡りツアーⅧ マルメゾン宮殿博物館



薔薇園見学の後、国立博物館になっている宮殿の中の見学です。
モロッコ系のある富豪が、ナポレオン関連のコレクショウンを集め宮殿と共にフランス政府に寄付されて
国立博物館として公開されています。。
陳列品の数の多さ、素晴らしく見応えがあり紹介しきれませんので、ほんの一部だけをアップさせていただきます。


前回もアップしました、マルメゾン宮殿、シンプルでお洒落な素敵な建物です。

IMG_3336.jpg


入るとすぐにこの2つの像が目につきました。

IMG_3480.jpg
IMG_3481.jpg


ジョセフィーヌ妃は薔薇だけではなく、この絵の中にあるような他の植物や果物、鳥や動物も多く育てていたそうです。
温室もいくつかあり、寒さに弱い植物、果物動物たちをその中で育てていたとのこと。

IMG_3510.jpg


IMG_3486.jpg
IMG_3494.jpg
IMG_3515.jpg
IMG_3517.jpg
IMG_3520.jpg
IMG_3524.jpg
IMG_3529.jpg


ナポレオン蔵書の多さには置きました。
本の部屋が3室ありました。

IMG_3530.jpg
IMG_3531.jpg


IMG_3544.jpg
IMG_3556.jpg


沢山の美しい食器に目を見張りました。
ガラス越しの写真、綺麗に撮れなくて素晴らしさがお伝え出来ないかもしれません。

IMG_3565.jpg
IMG_3574.jpg
IMG_3575.jpg
IMG_3577.jpg
IMG_3582.jpg
IMG_3583.jpg
IMG_3588.jpg
IMG_3591.jpg
IMG_3596.jpg


モダンな雰囲気で、古い時代の感じではなく今風の感じがしました。

IMG_3604.jpg
IMG_3606.jpg
IMG_3607.jpg
IMG_3619.jpg


植物画が素敵でした。

IMG_3621.jpg
IMG_3623.jpg
IMG_3625.jpg
IMG_3627.jpg
IMG_3626.jpg
IMG_3657.jpg


IMG_3632.jpg
IMG_3634.jpg


ナポレオンが使っていた身の回りの品々。

IMG_3641.jpg
IMG_3642.jpg
IMG_3643.jpg
IMG_3644.jpg
IMG_3651.jpg
IMG_3653.jpg


IMG_3662.jpg


オレンジやレモンも育てられていたそうです。

IMG_3663.jpg

見学を終え再びバスに乗り、シャンゼリゼ通り凱旋門を見ながら、エッフェル塔の前を通りパリ西駅へ
再び新幹線でベルギーに戻ります。

IMG_3669.jpg
IMG_3676.jpg
IMG_3693.jpg


1日たっぷり、沢山の薔薇やナポレオン関連の物を見ることができて満足しました。
が、少々疲れも感じてしまって、歳には勝てません😢
でもこの後まだブリュッセル市内の散策もありました!
レストランでの夕食はパスして、ホテルの部屋で友人と3人、サンドイッチとサラダの簡単な食事をとることに。
お喋りが楽しく十分素敵な夕食で下(^^♪

説明不足の写真の羅列でしたが、お付き合い頂きましてありがとうございました。
ベルギーの記はまたの機会にご紹介させていただきます。
長々お付き合いいただきました「薔薇巡りツアー記」は、今回が最後とさせて頂きます<(_ _)>


🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
スポンサーサイト



Comment:6  Trackback:0
2019
07.22

薔薇巡りツアー Ⅶ マルメゾン薔薇園

マルメゾン宮殿に到着しました。
ナポレオンの妃、ジョセフィーヌの愛した薔薇のコレクション、ジョセフィーヌ妃は何時も身近に薔薇を置き愛でるために
ガーデンにではなく、鉢植えにして室内で管理させていたそうです。
開花の時期も調節をして、年中薔薇が身近に置き香りを楽しんでいたそうです。 大変なことだったのではと想像します。



マルメゾンの薔薇園は、近年になってから植えられ整備されたそうです。
訪れた時は、薔薇の開花は終盤にかかっていて一番きれいな時期は過ぎてしまっていました。
それでも、薔薇園のガイドさんがお母様がお持ちになっていた古いルドゥーテの画集を持参、画集のページを開き
画集と同じ薔薇の前で説明をして下さったことに感動しました。
ルドゥーテも同じ薔薇を見つめながら絵を描いていたことを想像しながら、、。




IMG_3336.jpg

ガイドさんのお母さま所蔵の、貴重なルドゥーテの画集

IMG_3359.jpg


アプローチの両サイドのコニファーとコニファーの間には、今が見ごろの可愛い薔薇セシル・ブルンネ植えられていました。

IMG_3341.jpg
IMG_3342.jpg


ガーデンの案内板

IMG_3358.jpg

薔薇園には、アーチやパーゴラなどは無く自然の樹形のままに育っています。

IMG_3354.jpg

IMG_3380.jpg


宿根草の植栽もされてありました。

IMG_3378.jpg

IMG_3395.jpg


ロサ・ダマセスナ 
辺りにダマスクの香りが漂っています。

IMG_3383.jpg
IMG_3389.jpg



IMG_3398.jpg
IMG_3404.jpg

IMG_3399.jpg

IMG_3397.jpg

IMG_3401.jpg


IMG_3411.jpg
IMG_3407.jpg
IMG_3414.jpg



IMG_3408.jpg


IMG_3443.jpg
IMG_3448.jpg
IMG_3441.jpg
IMG_3444.jpg


IMG_3458.jpg
IMG_3430.jpg


薔薇園の香りを堪能した後、木立の中の小道を歩き東屋に向かいました。
ナポレオンとジョセフィーヌ妃のお気に入りの場所。

IMG_3459.jpg
IMG_3461.jpg

ナポレオンは、戦場のテントの中の雰囲気がお好きだったそう、此処も天蓋の中ような雰囲気になっていました。
(ガラス越しのしゃしんです、ガラス窓に木々が映り込んでています)

IMG_3464.jpg

IMG_3465.jpg


草原の中に、小さな野の花がいっぱい咲いていました。

淡いピンクのクラウンベッチ
IMG_3467.jpg


小さな小さなイエロークローバー
IMG_3468.jpg


小さなブルーのツリガネソウ
IMG_3472.jpg


この後は、マルメゾン宮殿の見学です。
宮殿全体が美術館になていて、見応えありました。
次回に続きます。



🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:11  Trackback:0
2019
07.19

薔薇巡りツアー Ⅶ


5日目のベルギーでは、薔薇園巡りはありませんでした。
ベルギー観光の様子は、次回にさせていただきます。

6日目の早朝、ブリュッセル中央駅から新幹線に乗り2時間足らずでパリ西駅に到着しました。
其処からバスで「ライレローズ薔薇園」に向かいました。


ベルギーブリュッセル中央駅

IMG_3242.jpg


パリ西駅
IMG_3243.jpg

ライレローズ薔薇園の見学の前に、小高い丘にあるライレローズの町の公園を散策
結構な坂道でした!
IMG_3247.jpg
IMG_3248.jpg
IMG_3255.jpg
IMG_3262.jpg


ライレローズ薔薇園の向かいは広い林が広がっていました。

IMG_3329.jpg

晴天で日差しが強く暑い日でした、逆光で暗い写真になってしまいました。

IMG_3265.jpg


レストランの壁面にギスレーヌ・ドゥ.フェリゴンドが、6年前の丁度今の時期に訪れたときには満開で綺麗でした!
今年は薔薇の開花が早かったらしく、残念な感じになっていました。

IMG_3266.jpg

IMG_3272.jpg
IMG_3274.jpg
IMG_3323.jpg


薔薇の似合う素敵な友人 ハイポーズ(⌒∇⌒)

IMG_3316.jpg
IMG_3287.jpg
IMG_3284.jpg
IMG_3281.jpg

IMG_3298.jpg
IMG_3301.jpg
IMG_3295.jpg


樹齢100年の薔薇 La Mortola
お花は終わっていて残念。

IMG_3318.jpg

実にも棘がいっぱいの珍しい薔薇が!
IMG_3275.jpg

幸運なこと、二度訪れることができた薔薇園でした。
また違った雰囲気を味わうことができました。

この後、またバスに乗りマルメゾン宮殿の薔薇園に向かいました。
マルメゾンの様子は次回に続きを。



🌹ご訪問いただきありがとうございました💕

Comment:2  Trackback:0
2019
07.15

ドイツ・ベルギー薔薇巡りツアー Ⅵ

ウェスト・ファーレン公園・薔薇園の続きです。
薔薇だけでなく樹木や草花などの植栽も素晴らしく、子供さんたちが走ったり乳母車を押して通ると音が鳴り音楽を奏でる小道もあったり、見物用のミニ電車も走っていました。

IMG_2728.jpg
IMG_2736.jpg
IMG_2737.jpg


IMG_2898.jpg

IMG_2743.jpg


お気に入りの薔薇 ジャスミーナの下で記念撮影を。

IMG_2908.jpg
IMG_2840.jpg
IMG_2838.jpg


この薔薇もとても可愛らしかったです、名前を忘れてしまいました😢

IMG_2849.jpg


赤い薔薇、赤色もそれぞれ微妙な違いが。
伸び伸びと自然体に仕立てられています。

IMG_2909.jpg
IMG_2917.jpg
IMG_2916.jpg


ペーター・ランバート

IMG_2800.jpg
IMG_2804.jpg


モーゼル

IMG_2795.jpg
IMG_2796.jpg
IMG_2797.jpg


デイ・ブレイク
IMG_2790.jpg
IMG_2789.jpg


フェリス・バイド
IMG_2781.jpg
IMG_2782.jpg


イングリッシュローズ コーナー

IMG_2792.jpg

ER モリニュー
IMG_2773.jpg

ER ザ・アレンウィック・ローズ
IMG_2753.jpg


ER クレア・オースチン
IMG_2752.jpg


ER ジュビリー・セレブレーション
IMG_2763.jpg


ER レディー・オブ・シャルロット
IMG_2757.jpg


IMG_2914.jpg

IMG_2911.jpg
IMG_2883.jpg

この木製のトレリスに感心!真似したいです。
蔓薔薇を、ぐるぐると巻かないで自然に伸ばして垂らして、こんな風な仕立て方に目から鱗!

IMG_2912.jpg
IMG_2913.jpg

奥の方まで来てしまいました。
素晴らしい園に大満足しながら、帰り道も名残を惜しみながら薔薇さんたちにお別れを言いながらゲートに向かいました。

IMG_2910.jpg


ゲート前では市民吹奏楽団が、コンサート前の練習をしていました。
年齢層には幅があるようですが、皆さんとっても和やかに楽しそうに演奏されていて聞き入ってしまい
バスが来るまでの間、暫く演奏を楽しませていただきました。

IMG_2918.jpg

素晴らしい公園・薔薇んを観ることができました、ドルトムント市に感謝を💕
バスでゲルエンキルヘンのホテルに向かい、明日はいよいよベルーギーです。

ベルリンと同じ系列のマルティムホテルなので、ちょっと気が楽です。

IMG_2922.jpg


今日もまた、長々お付き合い下さいましてありがとうございます。




🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:6  Trackback:0
2019
07.13

ドイツ・ベルギー薔薇巡りツアー Ⅴ


ハンブルクを南に6時間近くのバスの旅、途中ファストフード店で昼食をとり長い道のりでした。
ドルトムント・ウェストファーレン薔薇園に到着しました、友人からのンっと情報で期待でワクワク疲れも感じませんでした。

深紅の薔薇「ドルトムン」トがお出迎え。

IMG_2650.jpg
IMG_2653.jpg
IMG_2655.jpg
IMG_2657.jpg


広~い園内は、テーマごとに区画されて続いていました。
整備されて薔薇にはそれぞれ名札が付いて分り易かったです。
オースチン・コルデス・タンタウの庭とメーカーごとの区画も整備されてありました。
夢中で駆け回ってしまいそうなほど、何処もみごと!見応えがありました。

IMG_2673.jpg
IMG_2676.jpg
IMG_2699.jpg
IMG_2701.jpg
IMG_2710.jpg
IMG_2703.jpg


IMG_2708.jpg
IMG_2709.jpg

可愛らしいザ・フェアリー 
IMG_2688.jpg
IMG_2692.jpg


ガリカ・オフィキナリス 我が家のより花弁が多く華やかな感じでした。

IMG_2678.jpg


IMG_2715.jpg

清楚な白薔薇 サフィール と名記ありました。

IMG_2723.jpg

草原の中に大きな木々が立ち、真っ白いデージーのお花が咲いて小鳥も遊んでいました。
その秋にはまた、広い薔薇園が広がっています。

IMG_2725.jpg
IMG_2666.jpg

IMG_2726.jpg

IMG_2728.jpg


薔薇だけでなく、沢山のコンパニオン・プランツが上手に植栽されていています。

IMG_2732.jpg
IMG_2733.jpg


IMG_2731.jpg
IMG_2736.jpg
IMG_2735.jpg
IMG_2738.jpg


この先にまだまだ薔薇園が続きます。

IMG_2737.jpg

この続きは、また次回に続きます。


🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:2  Trackback:0
2019
07.11

ドイツ・ベルギー 薔薇巡りツアー Ⅳ


午後6時半過ぎ頃、ドイツ北部港湾都市ハンブルクに着きました。
街十二縦横に運河が通っています。

ホテルは超モダンな昨日と違って建物です。
部屋のベッドや洗面台、テーブル、すべて床から高くて使いにくく居心地はあまりよくありませんでした。

IMG_2598.jpg

IMG_2609.jpg
IMG_2606.jpg


夕食は外食に、パブみたいな雰囲気のレストランに出かけました。
この時期に、美味しいとお勧めの「ヒラメのから揚げ(?)とサラダを注文しました。
お料理が待てど暮らせどなかなかきません、待つくたびれたころにやっと運ばれたヒラメの大きさにびっくり!
30㎝以上はありました。
美味しかったですが食べきれません、二人でシェアしても丁度良かった具合の大きさでした。

IMG_2605.jpg
IMG_2604.jpg

ホテルに帰ったのは10時近く、明日朝は早くおきて早い朝食を済ませ、8時のバス出発の前に行くところがあります。
同行したハンブルクに詳しい友人Aさんの案内で「ハンブルク市庁舎」の見物に行く予定です。
寝坊しては大変、早く寝なくてはと思いつつ結局就寝したのは12時過ぎてしまいました。

よく朝6時からの朝食を済ませ友人等5人、地下鉄の駅はホテルから徒歩10分ぐらい、2つ目の駅でで降りたらすぐでした。

IMG_2612.jpg
IMG_2613.jpg

IMG_2639.jpg


市庁舎までの、運河沿いにあるお店のウィンドウショッピング🎵

IMG_2635.jpg
IMG_2637.jpg
IMG_2633.jpg
IMG_2627.jpg
IMG_2628.jpg


ハンブルク市庁舎綺麗でした。
時間が無くて庁舎内を見物することができなくて残念でした。

IMG_2643.jpg
IMG_2621.jpg

尖塔の先には剣を持った天使が、足で踏みつけているのは何か悪者?

IMG_2632.jpg

IMG_2647.jpg


急いで再び地下鉄に乗ってホテルに帰りました。
帰り道は小走りで、15分ぐらい前には帰り着くことができました!
Aさんに感謝です♥Aさんは以前ハンブルクで10年ほど暮らしていらしたそうです。

この日は、これからバスでドルトムントに向かいます。
ウェスト・ファーレン薔薇園を訪ねます。

まだ続きますますので見てくださいね。


🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:0  Trackback:0
2019
07.07

ドイツ・ベルギー 薔薇巡りツアー Ⅲ

Category: 庭だより
薔薇巡りツアー3日目、本日は薔薇生産会社「コルデス社」の見学です。
朝8時出発、北に向い4時間近くのバスの旅です。
アウトバーンの両側草原には、やはり野の花が咲き乱れ好奇心を掻き立てられました。

素敵なレストランで昼食を摂り(写真が無いんです)!
レストランからほど近い所にある「コルデス社」のバラ栽培施設と、見本薔薇園を案内していただきました。

IMG_2492.jpg
IMG_2494.jpg


新しい薔薇を作出するまでの、気の遠くなるほどの工程を詳しくお話ししてくださいました。
苗は、基本外の気温と同じ条件で育てているとのことです。
(写真が酷いピンボケですみません)

IMG_2500.jpg
IMG_2498.jpg


交配してできた種を1つの実から20粒ほど、何百種類もの交配した実から50万粒もを育て、その中から1000株を選別し
地に植えて、その性質を見守り強いものを選び出すそうです。
選ばれた株から芽接ぎして3本づつを育て、7~8年見守りまたそのなっから優秀なものを選びますそうです。
最終的に約8本ぐらいが残るとのことでした。
また、クライミングローズは10年見守るそうです。
1つの薔薇を世に送り出すのは容易のことではないことを、改めて感じました。

IMG_2509.jpg

IMG_2505.jpg
IMG_2521.jpg


ゴールデンゲート
澄んだ黄色が綺麗な丈夫な薔薇です。

IMG_2508.jpg

デビューを待っている薔薇

IMG_2581.jpg
IMG_2584.jpg

IMG_2579.jpg
IMG_2580.jpg


グラデーションが素敵な アロハ

IMG_2526.jpg

ゴールデンゲート
IMG_2532.jpg

パシュミナ
優しいピンク色、愛らしい小輪のつる薔薇はもう日本でもお馴染みですね

IMG_2535.jpg


IMG_2543.jpg
IMG_2547.jpg

1562477204629.jpg
IMG_2557.jpg


ミツバチが好んでやってくるお花を選んで植栽してありました。
サルビア類、驚くほど沢山のミツバチが寄っていました!

IMG_2569.jpg
IMG_2575.jpg

IMG_2564.jpg
IMG_2574.jpg
IMG_2560.jpg
IMG_2561.jpg
IMG_2568.jpg
IMG_2563.jpg
IMG_2514.jpg
IMG_2515.jpg


バニラ
ミルキーホワイトの清楚な薔薇、ほんのり甘い香りでした。

IMG_2524.jpg


ハークレス
中心のピンクがほんのり濃い、エレガント

IMG_2538.jpg


ショップには、見事な多肉植物の寄せ植えや、馬蹄で作った面白いオブジェが素敵でした。

1562477099121.jpg
1562477140487.jpg
1562477117322.jpg

見応えのある、沢山のことを学べたコルデス社の薔薇園でした。

1562477388534.jpg

此処から再びバスに乗り北へ、ハンブルグに向かいます。



🌹今日も、ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:2  Trackback:0
2019
07.04

ドイツ・ベルギーの薔薇ツアー Ⅱ

2日目の続きです

「サンガー・ハウゼン」からバスで2時間余り、古都ヒルデスハイムが宿泊地です。
絵本の世界に紛れ込んだようなメルヘンチックな古い街です。

ホテルの前、噴水のある広場では毎朝朝市が立ち賑わうそうです。

IMG_2391.jpg
IMG_2364.jpg
IMG_2362.jpg
IMG_2488.jpg
IMG_2486.jpg


夕方6時ごろではまだ陽が高い、夕食前に皆で市内見物に出ました。

IMG_2379.jpg
IMG_2388.jpg


絵本のお店が何軒もありました。
日本でも子供に人気の、青虫さんの絵本やグッズのお店も何軒かありました。

IMG_2452.jpg
IMG_2451.jpg

見つけました! ウイローツリー・ドールのお店
種類が豊富でワクワクしました🎵がお店は閉まっていました。
ドイツは5時ごろには、レストランなど以外のお店はほとんど閉まってしまうそうです。
朝の開店時間もゆっくりなので、お買い物はできません( ;∀;) 残念です。

IMG_2449.jpg
IMG_2448.jpg
IMG_2386.jpg
IMG_2385.jpg
IMG_2384.jpg
IMG_2382.jpg

子供みたいにウィンドウにくぎ付けになっていますと、みんなに置いて行かれてしまいました。
慌てて小走りに追いかけます。
膝の痛みなんて忘れています( ´∀` )


小さな町なのに協会の数は多いです。
ヒルエスハイムのある教会には、「千年の薔薇」の木のある有名な教会「聖マリア教会」が会います。
残念ながら時間が遅く、もう閉館していて見ることはできませんでした。

教会の周囲にも綺麗に薔薇阿咲いていました。

IMG_2396.jpg
IMG_2401.jpg
IMG_2400.jpg
IMG_2398.jpg
IMG_2399.jpg


此処の芝生の中にも可愛らしいデージーが咲いています。

IMG_2410.jpg


レンガ畳の中、所々に素敵な薔薇の銅板(?)が敷いてありました。
其の訳は分からなくて。

IMG_2458.jpg


薄暗くなってきました、ホテルん帰り夕食です。
良い雰囲気のレストランでした。
お食事も美味しかったです。

IMG_2416.jpg
IMG_2351.jpg

IMG_2355.jpg
IMG_2354.jpg
IMG_2356.jpg
IMG_2357.jpg


翌朝は早めに起床し、みどり先生や友人と朝の散歩に出ました。
なんとか千年の薔薇を見ることができなものかと、みんなまだ諦めてはません。
昨夕と違う道を行って見ました、途中で通勤途中の素敵なご婦人に道を尋ねながら「聖マリア教会」に到着。
!!なんと扉が開いていました(*^-^*)🎶
皆でご挨拶の声をかけましが、誰も出ていらっしゃっらないので恐る恐る中に入らせて頂きました。

IMG_2424.jpg

IMG_2431.jpg

IMG_2468.jpg


此の左手にその薔薇はありました。

IMG_2467.jpg

残念ながらもう、お花は終わっていました。
ドッグローズのような白い薔薇らしいです。
円筒形の建物の壁を被うように茂っていました。

IMG_2462.jpg
IMG_2460.jpg



緑に茂っているシュートが千年生きているのでは無く、根がしっかり生きて新しシュートを伸ばしているようです。
シュートに年号の記されたプレートが付いていました。

IMG_2463.jpg

教会と薔薇の歴史を詳しく書かれたプレート、残念ながら読めないので、、。

IMG_2465.jpg
IMG_2470.jpg


中庭はぐるっと廻れるようになってます。
薔薇が綺麗に咲いていました。

IMG_2473.jpg
IMG_2475.jpg
IMG_2477.jpg
IMG_2478.jpg


教会の僧侶方のお墓もありました。

IMG_2479.jpg

確か入場料をお支払いして見学させていただくと聞いていましたが、何処にもゲートなど見られずどうしたものかと考えましたが。
申し訳ないと思いながらマリア様にお礼を言って教会の外に出ました。
皆念願かない、千年の薔薇に会えたことを幸せに思い、感謝しながらホテルの朝食に急ぎました。

後で、行かなかった皆さんに羨ましがられてしまいました。

朝食を済ませ、バスで北へ「コルデス社」の農園と薔薇見本園に向かいました。

また後日に続きます。
今回も長々お付き合い下さいましてありがとうございます。


🌹ご訪問いただきありがとうございます💕
Comment:8  Trackback:0
2019
07.01

後藤みどり先生と行く「ドイツ・ベルギーの薔薇ツアー」記 №1

長くブログをお休みさせてただきました。
留守にした分、畑の草は伸び放題大変なことになっていました。
梅の実も、今年は何時になく鈴生り、黄色く熟れてお隣の畑に落ちて片付けが大変でした。
一日がかりで梅の実を収穫して義姉に送ったり水に漬けて灰汁抜きをしたリと大忙しです。
翌日は、あまり好きでない梅を甘酢漬けや梅干し用に塩漬けにしたり、梅ジュース用い冷凍にしたり20kg近くあったのを何とか片付けました。


ドイツ北部からベルギーへの薔薇の旅に行ってきました。
「後藤みどり先生と行く薔薇の旅」は2年ごとにあり、今回が5回目です。
前回前々回と2回参加を見送り、6年ぶりの参加でした。
何時も姉と一緒です、お互い6歳年をとり流石今までとは少し疲れ方が違いましたが、御顔見知りが多く「お久しぶりです!」との
ご挨拶が飛び交っていました。

出発当日は好天に恵まれ、順調な旅の始まりにワクワクな期待感が。

成田の朝。

IMG_1996.jpg


北回りモスクワ経由、この機と同じエアロフロート12:15分発でした。

IMG_2005.jpg


モスクワで小型機に乗り換え(久しぶりにタラップを登り乗りました!)
ベルリンに着いたのは20時近かったと思います。
外はまだ明るく、夕日が沈んだばかりの頃。

IMG_2015.jpg


窓の下に見るのは、多分もうドイツだと思います。
空と雲を染める夕日の色と地平線が層をなして、とっても綺麗でした。

IMG_2014.jpg

翼と窓ガラスに反射した夕日が輝いていました。
IMG_2008.jpg


ホテルに着いたのは22時近くでした。
IMG_2017.jpg


2日目の朝、早朝起きてホテル周辺をお散歩しました。
綺麗な声で鳴く小鳥の声が聞こえ、涼しく爽やかな朝です。
草原の中に可愛いお花がいっぱい咲いていていました♪。

IMG_2031.jpg
IMG_2032.jpg

2~3㎝ぐらの可愛らしい昼顔、蕾は淡いピンク咲くと白いお花になります。

IMG_2039.jpg


IMG_2018.jpg


リンデンバームは、あらゆる場所にありでお花盛りです.1

IMG_2040.jpg


8時出発、バスでベルリン市内観光です。

IMG_2059.jpg

ブランデンブルク門
IMG_2085.jpg

門の上には、4頭立ての馬車に勝利の女神像が。
IMG_2086.jpg

ベルリンの壁の撤去跡
IMG_2071.jpg


ポツダム広場交差点を通り過ぎ、一部の壁を残してその壁に、世界中のアーティスト達がそれぞれn思いを絵に表現して残してありした。

IMG_2097.jpg
IMG_2099.jpg


此方はニュースで、実物を見た記憶があります。

IMG_2112.jpg
IMG_2122.jpg


この後バスで、南に2時間ほどのサンガー・ハウゼンへ 「サンガー・ハウゼン薔薇園」へ。


アウオバーンの中央分離帯には、紅色や白のハマナスが咲き、道路の両脇には、沢山の野の花が咲き乱れていました。
バスのスピードが早く写真を写すのは無理、バスを降りて散策したかったです。

IMG_2151.jpg

ドイツは原発ゼロに!メルケル首相素晴らしいですね。
ドイツ北部は風が強いところ、畑の中には沢山の数の風車が立ち並び、風力発電が盛んです。
小麦ライ麦、トウモロコシ、じゃが芋などの作物が作られている中に、農業と発電が両立していました。

IMG_2148.jpg


13へクタールの土地に8600種75000本の薔薇が育てられています。
世界最大の薔薇コレクションとして、ギネスブックに登録されていいます。


IMG_2159.jpg

IMG_2164.jpg
IMG_2165.jpg


あまりの広さに圧倒されそうでした。
それぞの種類別にエリアが分かれていて、それぞれの薔薇の名前、種類、年代なども書かれています。
此処のところ雨がすくないとのこと、土は乾き気味で少々薔薇が可哀想な感じも、
これだけの広さなので水やりは、人手もコスト大変なことです。


写真の羅列になりますが、ご覧くださいませ。

IMG_2180.jpg
IMG_2157.jpg

IMG_2188.jpg
IMG_2192.jpg

IMG_2197.jpg


IMG_2177.jpg
IMG_2187.jpg
IMG_2175.jpg
IMG_2174.jpg

IMG_2202.jpg
IMG_2204.jpg
IMG_2251.jpg
IMG_2194.jpg


IMG_2299.jpg
IMG_2300.jpg
IMG_2236.jpg
IMG_2284.jpg
IMG_2280.jpg
IMG_2328.jpg


薔薇園のガイドさんとみどり先生と、 歩き疲れてちょっと一休み。

IMG_2306.jpg


海外旅行は、何時も姉と一緒です。

IMG_2325.jpg
IMG_2342.jpg

IMG_2253.jpg

IMG_2256.jpg

IMG_2198.jpg
IMG_2189.jpg
IMG_2160.jpg

薔薇を堪能して、帰途へ
再びバスにて、古都ヒルデスハイムへ。

長々お付き合いくださいまして、ありがとうごうございました。

また次回に続きます。



🌹ご訪問いただきありがとうございます💕


Comment:8  Trackback:0
back-to-top